▷ お問合わせ  ▷ リンク  ▷ アクセス

ようこそ相模原中等教育学校の公式ホームページへ


キャリア教育

体験・探究活動から夢を実現

 総合的な学習の時間や、LHRの時間を通して探究活動を行い、自ら課題を見つけ、自ら学び、自ら考え、主体的に判断し、よりよく問題を解決する資質や能力を育成します。学び方やものの考え方を身につけ、創造的、協働的に取り組むことで解決方法を見出す姿勢を育てます。生涯にわたり自己の在り方生き方を考え、積極的に社会に参画し、これからの社会を支える意欲のある人材を育成します。

キャリアプランニング・体験活動の充実

農業体験などの体験活動を通して、人のために汗をかくことの尊さを学びます。地域貢献活動やボランティア活動を通して自己を見つめ、職業学習や学問(学部学科)研究を通して、卒業後の進路を主体的に考えるきっかけとし、将来の高い進路実現を目指します。

出張授業
(1年)
 社会で活躍された方々を講師として招き、「働くとは」「仕事とは」ということに
 ついての講話やディスカッションをシリーズで行います。
事業所見学
(1年)
 実際に職場を見学し、出張講義などで学んだ職業についての理解を深めます。
農業体験
(2年)
 農家に民泊をしながらの農作業体験を通して、働くことの尊さを学びます。
学部・学科研究
(3年・4年)
 大学に対する理解を深め、進むべき道を探ります。大学における学問研究に触れ、
 自己の将来の在り方生き方について考えます。

探究活動

 1年から3年までは「理科の授業」、4~6年は「かながわ次世代教養」を「総合的な学習の時間」として位置づけ、探究活動を行います。自ら課題を見つけ、情報の集め方、調べ方、まとめ方、報告や発表・質疑応答、ディベートの仕方などを学び、問題解決に向けての主体的、創造的な態度を育成します。

キャリア教育